×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

「ごきげんいかがですか」 にあたる挨拶の練習です。 「〜さん、ごきげんいかがですか」 とたずねてみましょう。

 

9. あいさつ

本人に直接「コルテスさん」と呼びかける時には、名前の前に si を付けません。
Kumusta po kayo? は目上のひとに対し「ごきげんいかがですか」と挨拶するときに使われます。

Kumusta po kayo, G. Cortez?

 ごきげんいかがですか、コルテスさん。

Kumusta po kayo, Gng. Ramirez?

 ごきげんいかがですか、ラミレス夫人。

 

また一日の挨拶は次のように表現します。

 

Magandang umaga po, G. Santos

 おはようございます、サントスさん。

 

Magandang hapon po, Gng. Mendez.

 こんにちは、メンデス夫人。

 

Magandang tanghali po, Mrs. Gonzalez.

 こんにちは、ゴンザレス夫人。 Magandang tanghali po. こんにちは (正午の挨拶)

 

Magandang gabi po, Mr. Martinez.

 こんばんは、マルティネスさん。

 

umaga は朝、午前のことで、午前0時からお昼の11時頃までの時間帯です。

hapon はお昼、午後のことです。午後の1時頃から陽の沈む夕方の6時頃までです。

gabi は夜の意味で、午後6時以降の時間帯を指します。

午前11時頃から午後1時頃までのお昼時を特に tanghali といいます。

 

練習1 日本語の部分をフィリピノ語にして下さい。 

 

Kumusta po kayo, Smith?

 

Magandang tanghali po, Smith 夫人.

 

Magandang umaga po, Roxas 夫人.

 

Magandang hapon po, Navarro.

 

Magandang gabi po, Santiago 夫人.

 

Kumusta po kayo, Smith 先生(医師)?

 

トップへ戻る