×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

     

フィリピノ語でメールを送ろう

2007年1月1日
復刻版
 

 

 愛しい人にタガログ語でメールを送りたい...恋人からのメールの意味がどうしてもわからない...と困ってらっしゃる方々のお役にたてるかもしれません。

 
フィリピンに住む恋人やお友達、ご家族にフィリピノ語のメールを送れたとしたらどんなに素晴らしいことでしょう。でもそのためには、文法や基本文型、単語をコツコツとおぼえていかなければなりませんし、また外国語習得に近道はありません。何ヶ月もあるいは何年もかかるかもしれません。

でも「そんなに待っていられない」という方だっておおぜいいらっしゃることでしょう。じゃあ、 email 用の文例集をつくったらお役に立てるんではないか、ということで早速つくってみました。
「フィリピノ語がわからなくてもメールが送れるサンプル集」となってはおりますが、これはフィリピノ語がわからないままでもいい、という意味ではもちろんなくて、「今はまだほとんどわからなくても
、サンプルを真似すれば何とかメール文がつくれる。だから頑張って早く自分の文章でコミュニケーションできるようになりましょう」という積極的な意味が隠れているんだとお考えください。

ですからこのサイトをご覧になられる皆様は、フィリピン語を基礎から独習するサイトわかりやすいタガログ語 のサイトその他での地味な勉強をどうか忘れないでくださいね。

またサンプル文はフィリピノ語中級学習者の方々の応用練習としてもご利用いただけるのではないでしょうか。

さて、皆様がサンプル文を真似て、あるいはそっくりそのままでメールを送ったとして、今度はお相手のフィリピンの方からもフィリピノ文で返信メールが届いた場合です。以下の解決策があると思います。

  1. 辞書を片手に、まず自身で訳してみる。なんとか文意が掴めるかもしれません。そしてこれを機になんとか頑張って、一日も早くフィリピノ語の基本構造をおぼえるように努めてみる。
  2. 掲示板等に投稿して、親切な方々に翻訳を手伝ってもらう。
  3. 翻訳を生業となさっている方々のお世話になる。

このページに関するご意見等は掲示板をご利用ください。
(申し訳ありませんが、サイト管理者は返事が出来ません)

 

【おねがい】本サイトのフィリピノ語文がもとで恋人にふられた、友情にひびが入った等といった問題が発生したとクレームなされましても、サイト制作者は一切責任は負いません。あらかじめご了承下さい。またこのサイトのサンプル文は、親しい友人、奥さん、ご主人、恋人等へのメールに用いられることを想定してつくっておりまして、目上の方、ビジネスパートナー等、丁寧な表現を必要とする相手へのメール文としては適切ではありませんので、どうか気をつけてください。フィリピノ語の丁寧な表現に関しましては、他のフィリピノ語学習サイト、参考書等をご覧下さい。また学習者が絶対に間違いの許されないビジネスメール等でこのサイトのサンプル文を引用なさることはおすすめできません。通訳、翻訳の専門家にご依頼なさるか、英語等でのコミュニケーションが賢明だと思われます。またこのサイトでご提供しますフィリピノ語文例およびその日本語訳の内容について、その完全性、正確性等に関し、サイト運営者はいかなる責任も負わないこととします。

 

Copyright © 2003-2007 Percenette Hernandez. All Rights Reserved.
本サイトの複写、転載等は禁止です。